板橋駅

판교역

パンギョ

板橋駅の写真

京江線のりば

2016年9月に新しく開業しました。新盆唐線のさらに下の地下ホームです。現在は京江線の始発駅となっていますが、始興市にある月串駅まで延伸され水仁線と接続する計画があります。

板橋駅駅名標
駅名標 日中韓台いずれにもある板橋駅ですが、その韓国にあるのが当駅です。駅名は「パンギョ」と読みます。
京江線のりば
プラットホーム 2面2線相対式ホームを有しています。長いホームですが京江線の列車は4両編成なので、一部分しか使用されていません。ホームドアも準備工事がされている程度です。また降車ホームと乗車ホームは分かれており、板橋駅に到着した列車は一旦引き上げ、乗車ホームへ入線して驪州方面への乗客を再び乗せます。
京江線改札口
改札口 発車標には時刻が載っており、いつ電車が発車するかが分かります。他の駅だと列車の現在地がハングルでしか表示されないのでそれと比べると分かりやすいですね。

新盆唐線のりば

2011年に開業した盆唐線のバイパス路線である新盆唐線の駅です。

板橋駅駅名標
駅名標 こちらには「板橋テクノバレー(판교테크노밸리)」という名前が副駅名として付いています。
新盆唐線のりば
プラットホーム 京江線と同じく2面2線相対式ホームを有しています。同じくフルスクリーンのホームドアが設置されています。
新盆唐線改札口
改札口 京江線の改札口と同一階にあります。
乗換改札口
乗換改札口 新盆唐線のりばと同一階にある京江線乗り換え改札です。

地上

駅出入口
駅出入口 4番出入口
駅舎
駅舎 外見は駅舎のようですがここに駅構内への出入口はありません。
板橋駅前
駅前 高層ビルなどが建ちつつありますが、駅の周りはまだ空き地が目立ちます。これからまだまだ発展していくようです。

ソウル特別市に南郊する城南市(ソンナム)にある駅です。新盆唐線と京江線が接続します。

板橋駅の訪問履歴

2017年5月14日

初訪問

江南から新盆唐線でやって来ました。路線図で感じる以上に遠かったです。

所在地
京畿道城南市盆唐区板橋駅路
開業日
2011年10月28日

最終更新日: