保津峡駅

ほづきょうえき

保津峡駅の写真

駅舎
駅舎
改札口
駅舎内 簡易改札機と券売機が設置されています。雨よけができる程度の広さです。
保津川
保津川 保津川の橋梁上にホームがあります。
駅名標
駅名標 所在地は亀岡市ですが、移転前は京都市であった名残で特定都区市内のエリアに入っています。
プラットホーム
プラットホーム 京都寄りに設置された待合室以外は上屋は設置されていません。
駅前
駅前 周辺に民家などはありません。

保津川の渓谷「保津峡」付近にある駅です。1989年に嵯峨野線が蛇行する保津川に沿うルートからほぼまっすぐトンネルで貫くルートに切り替わったとき、保津峡駅も新線上に移転しました。なお、旧線の保津峡駅は嵯峨野観光鉄道のトロッコ保津峡駅として現在も営業を続けています。

保津峡駅の訪問履歴

2009年12月23日

初訪問
所在地
京都府亀岡市保津町保津山3
開業日
1929 (昭和4) 年8月17日