東追分駅

ひがしおいわけ

東追分駅の写真

駅名標
駅名標
駅出入口
駅出入口 駅舎はなく、のりばへはホームに造り付けられた階段を通ります。
プラットホーム
プラットホーム(新夕張方面)
東追分駅
プラットホーム(追分方面)
プラットホーム
跨線橋より ホームの長さは3両分ほどしかありません。両数の長さ井特急や貨物列車の交換も行われるので、構内自体はとても長くなっています。奥に見えるスノーシェッドが合流地点です。
待合室
待合室 跨線橋は待合室機能も兼ねています。駅ノートも設置されていました。虫が飛び交っておりとても居心地のよいものではありませんでした…、
スノーシェッド
スノーシェッド 新夕張側のスノーシェッドです。これはホームのすぐそばにあります。
柱用駅名標
柱用駅名標
トウモロコシ畑
トウモロコシ畑 広大なトウモロコシ畑が広がっています。北海道らしい光景ですね。
駅前
駅前 アクセス道路は舗装されていません。しばらく石勝線に進み右へ曲がると2車線の道へ出ます。
駅前
駅前 反対側です。

追分を出て室蘭本線と分かれ北東へ進むと到着する駅です。広大な農村地帯の中にあり、駅周辺には建物はほとんどありません。利用者数僅少により2016年3月のダイヤ改正で廃止される予定です。

東追分駅の訪問記録

2015年9月4日

初訪問
所在地
北海道勇払郡安平町追分美園
開業日
1965 (昭和40) 年3月1日

最終更新日: