黄檗駅

おうばく

黄檗駅の写真

駅名標
駅名標 「檗」ってあまり見ることのない漢字なので、初見ではなんと読むのか分かりませんでした。調べてみると「檗」の音読みは「ハク」だそうで、漢字そのもの知っていたら読めそうな駅名です。ちなみにこの駅名ですが、萬福寺という黄檗宗の本山が近くにあることに由来します。
駅舎
駅舎 正面は窓になっており、構内へは両サイドから入ります。
駅構内
きっぷうりば みどりの窓口の設置駅です。
駅構内
改札口
プラットホーム
プラットホーム 相対式ホーム2面2線を有しています。
プラットホーム
プラットホーム ホームの幅は非常に狭く、通過列車も通るのでちょっと危なっかしいです。
プラットホーム
プラットホーム 京阪宇治線の黄檗駅が見えます。京阪側にJRの出入口はないので、駅の北にある踏切まで回り込まないとたどり着けません。ことごとく駅同士が離れている奈良線と京阪宇治線ですが、黄檗駅が最もアクセス距離が短いです。
駅前
駅前 タクシー乗り場とバス停が設置されています。
駅前
駅前

木幡駅を南下し京阪の路線が横目に見えると到着する駅です。黄檗駅からしばらくの間は京阪宇治線と並走します。

黄檗駅の訪問履歴

2015年5月2日

初訪問
所在地
京都府宇治市五ケ庄新開18
開業日
1961 (昭和36) 年4月21日

最終更新日: