湯浅駅

ゆあさ

湯浅駅の写真

駅名標
駅名標
駅舎
駅舎 切妻の頂部が削りられた屋根が特徴です。はかま腰屋根というそうです。
駅構内
駅構内 みどりの窓口が設置されています。
券売機
券売機 ボタン式券売機が2台です。天王寺や新今宮までギリギリ100km以内ですね。
駅構内
駅構内 のりば側から見た駅舎です。大きな上屋で覆われており、まだ屋内の様です。
プラットホーム
プラットホーム(和歌山方面) 単式・島式ホーム2面3線です。両ホームは跨線橋で結ばれています。駅は曲線区間上にあり、のりば全体がカーブを描いています。
プラットホーム
プラットホーム(御坊方面)
プラットホーム
プラットホーム 特急の通過風景です。2番線に待避列車が入り、3番線に通過列車が通ります。
駅前
駅前(広川町方面)
駅前
駅前(湯浅町方面)

紀伊半島西部に位置する湯浅町にある駅です。また隣の広川町も近く、当駅は両町の玄関口として機能しています。特急くろしおの停車駅です。

湯浅駅の訪問履歴

2015年3月22日

初訪問
所在地
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1100
開業日
1927 (昭和2) 年8月14日

最終更新日: