柘植駅

つげ

柘植駅の写真

駅名標
駅名標 路線番号とラインカラーの制定に伴い関西本線と草津線がそれぞれV紫色、Q鶯色になったので、駅名標もそのカラーリングになりました。1・2番のりばは関西本線のりばなので紫です。
駅名標
駅名標 草津線が発着する3番のりばのみ鶯色になっています。
駅舎
駅舎
駅舎内
駅舎内
プラットホーム
プラットホーム 単式ホーム島式ホームの2面3線です。駅舎側の1・2番線は関西本線の列車が発着します。ディーゼルカーしか止まらない1番線には架線が張られていません。
柘植駅
柘植駅 跨線橋を渡った草津線と関西本線亀山方面の列車が発着する2・3番のりばです。でかでかとのりば案内が掲げられています。
忍者
忍者 跨線橋を登ろうとしたときふと上を見ると忍者が・・・!伊賀へは1番のりばから出るの列車に乗れよ〜と日本語と英語で言っています。忍者が目的の外国人もよく利用するみたいですね。
構内
構内 かつて亀山までの間の加太越をするための蒸気機関車が交換されていた名残で構内は広くなっています。転車台もあったそうです。現在残る側線は草津線の列車の留置に利用されています。
標高
標高 海抜243mの高さに駅があるそうです。
駅前
駅前 周辺にコンビニなどは見当たらないので、乗り換え時間での買い物は厳しいです。
駅前
駅前
トイレ
トイレ 1番のりばにあります。

柘植駅の訪問記録

2010年3月13日

初訪問

やたらと人が少ないと思ったら関西本線運休の日でした。そのお陰でとても閑散としていました。

2016年5月4日

関西本線と草津線の接続は悪くないので、ほとんどは駅を撮影している暇はないのですが、時間によっては30分程度待たされることもあります。今回乗った列車がそうだったので久しぶりに改札の外に出てみました。

所在地
三重県伊賀市柘植町
開業日
1890 (明治23) 年2月19日

最終更新日: